2009年11月13日

構造セミナー

仕事を確保のための営業行為はほとんど興味のないけんちくかさんです、私は。
今は構造セミナーがマイブーム、学生の頃、手を抜いてしまっていたことへの償いもありますが、何故か自分にあった道なのでしょう、結構楽しみなんです。
資格を増やして生活の糧なんて感覚は皆無です。
ちょっと宗教的ですが、お与えというか大きな力を感じて抜け出せない感じです。
きっと幸せな運命にあるのだと思います、仕事に関連することを好きで生きてると、仕事が湧いてくる。
ある意味贅沢、よく考えると当たり前、高校の体育の時間、柔道の先生に教えてもらった自然体かな。
やっぱり、けんちくかさんは自己満足が好き?
こんな人がいい建物創ると思うんだけどなー。
posted by まちかどけんちくか at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム

2009年11月07日

構造研修二日目

今日も名古屋の研修会場にいます。資格試験のそれとは違い、足元がしっかりした内容で眠っていた脳の部分が目を覚ます。普段の仕事より充実しています。
posted by まちかどけんちくか at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム

2009年11月06日

構造計算の研修会

専門以外の方には興味のないお話しですが、今日と明日は日本建築センターの研修会です。普段はプログラムに任せる詳細な計算を手計算で復習ですが、面白いことにちょっと緊張しています。みんな私より若い講師さんばかり!充実の二日間になりそう。
posted by まちかどけんちくか at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム

2009年11月05日

no-title

SH3D0003.jpg
posted by まちかどけんちくか at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム

2009年09月18日

構造力学

資格を取るためという大義名分があるとはいえ目が醒める思いです。学生の頃より格段の進歩にびっくり! 近い将来起きるとされている地震にたいする認識の甘さを叫びたいくらいの気持ちになる。意匠や計画系の設計者さん、外注の構造専門家に頼らずに自分自信でソフトを走らせて計算書を作るべきです。 自分の作った建物の性能が正確につかめます。逆に建築主のみなさんに言いたいのは、世の中には肝心な耐震計算を他人任せにしている設計者の多いことです。
posted by まちかどけんちくか at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム

2009年09月16日

構造一級建築士

また来ました名古屋市公会堂、毎回同じ内容のテキストで受講しているとその繰り返しだけでも頭に入って来る。講師まで同じだから割愛する箇所まで同じ、前回気に留めなかった部分をやって欲しいものだ。何度も受講料払ってんだから・ー!?10月には終了考査なるものがあるのだけれど講習テキストの内容より範囲はずっと広い。せめて大学院でときゃよかった、なんで今頃になって息子の教科書取り上げるはめになるのかー・でも正直な話し構造プログラムを使うことの恐ろしさが益々感じられます。
posted by まちかどけんちくか at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | マイブーム

2009年08月12日

トイレの床タイル

08120001.JPGトイレの水掃除の後、床に溜まった水が意外と気になるものです。このタイルは溝に保水することにより、ひたっと水の感触を感じずにすみます。福祉施設にも利用されてます。
posted by まちかどけんちくか at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場の壷・工事現場からのアップ

2009年07月07日

掘りコタツ

07070001.JPG昔から使っていた金具を利用して作ったコタツです。既製品よりかなり安価です。
posted by まちかどけんちくか at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場の壷・工事現場からのアップ

2009年07月06日

和室、照明

07060001.JPGクロスと竹の組合せのデザインはよくありますが私としては久しぶりの採用です。こうして色の濃淡をハッキリさせる組合せは感覚の鋭さがないと失敗してしまいます。もっともこの画像の精度ではよく分からないのが残念。
posted by まちかどけんちくか at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場の壷・工事現場からのアップ

2009年06月30日

竹階段

06300001.JPG竹は硬い材料ですが人の体重を支えるとなると補強方法にも工夫が必要です。階段の蹴込み部分はリブの役割を果たすということです。
posted by まちかどけんちくか at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場の壷・工事現場からのアップ