2011年07月24日

当たり前すぎて気がつかないことが健康に繋がる住まい

この夏も暑い日が続きます。

でも私の住宅は寝苦しくなんか全然ありません、うそじゃないです。

田舎だから、ごく当たり前に住まいの北側は田んぼです。

ごく当たり前に2階で寝ています、ごく当たり前に南端の大きなサッシの前で寝て北端の部屋から私の寝ている部屋までは直通で風が通過します。

アメダスデータで調べたら、揖斐川町ではごく当たり前に通年で風速2,3mの微風が吹いているようです。

ごく当たり前に夏の夜もエアコンなんて要りません、部屋にも取り付けてません、無駄だと分かっているし気持ち悪くて取り付ける気にもなれないんです。

冬は燃費のいい石油ストーブで充分。

エアコンを使わないからもちろん電気代もそんなにアップしません。

この暑い夏も私の寝床は最高の天国、朝早く起きてここで本を読むのが最高の幸せ、やーいざまーみろだ!

窓から涼風が降りてきてもう快感!

健康にいいことは住まいが大きく関わること、

住まいの立地や間取りプランの考え方、ごく当たり前過ぎてありがたくも感じてないことに気がつくこと、

身の回りの条件で自然が与えてくれる条件を点検すれば節約なんて先進的な秘術も理論にも匹敵してしまうということ。

かな・・・・・・
【家のこと、どうしても知っておきたいことの最新記事】
posted by まちかどけんちくか at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 家のこと、どうしても知っておきたいこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46925412
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック